ニコマスで活動中の揉みしだくPの製作日記的な雑記です。 不定期更新御免。
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
20:29:00
どうも。昼夜を問わず千早を見続ける揉みしだく人です。
17話が普段では有り得ない伸び方をしてしまって驚いています。
それに釣られるように過去作品も1,000再生を突破する物がちらほら出てきており有難い限りです。
残る目標は100コメですが、くそ真面目な回が増えてきているシリーズですので当分お預けになりそうです。南無。

さて、18話の方ですが。 
この18話、本当はどうしようか迷ったんです。
でも一括にすると恐らく30分超えるんじゃなかろうか、という感じだったのでやむなく前後編に分ける事にしました。
俺は正直引きが上手くないですから見る側に考える余地って言うのはあんまりないかもしれませんね。
まぁ、全体的に酷い文章だとは思いますが。
上手い人はもう少しコンパクトに纏めれるんじゃないかなー、とは。
 
さて、大きな千早イベントの最後になると思われる今回。
前にどこかで言ったんですが製品版のシナリオと同じ結末にはなりません。絶対に。
何故ならばぶっちゃけた話、原作の千早とは環境が違います。
オリジナルには千早の姉なんていませんが、ある晴の千早には居ます。
オリジナルの小鳥さんは社長がプロデューサーでしたがある晴の小鳥さんは千早のPが過去に担当したアイドルです。
そんな環境が違うのに同じ結果になってちゃつまらないですし、同じ結果になってしまうのであればあまりに千早が救われません。
 
そんなこんなで軽いネタバレ記事かもしれませんね、こりゃ。
きっと今回小鳥さんが千早に対して言っている事に異論のある方も多いと思います。
後編ではもっと踏み込んだ部分に言及していく台詞が多々ありますのでそこでも軽く異論が出てくると思います。
だけど出来る限り納得してもらえるような内容にしようとああでもないこうでもないと現在試行錯誤を繰り返していますので後編での結末、どのようになるか想像しながらご覧ください。
 
では、どうぞ。


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://momishidaku.blog40.fc2.com/tb.php/42-4840b4bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。